• ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

知っておきたいかまぼこの塩分


練り物の中でも代表的な食材として知られるかまぼこですが、総じて塩分が高そうというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
魚のもつ美味しさをそのまますり身にして作られているからこそ、塩気を感じるのかもしれません。

一日に取る塩の量としては、約12〜13gが適量と言われています。
かまぼこの一食分の量に関しては、平均して約0.6gになります。
他の加工食品を見ていくと大体1.3gほどとなりますので、その半分量ぐらいとなるのですから、それほど機にしなくていいと思えるのではないでしょうか。

かまぼこに使われる塩は味を調えるだけではありません。
あの食感や弾力を生み出すためにも使われているのです。
それに、良質なタンパク質やミネラル分なども豊富に含まれているので、体内の塩分調整もしてくれるようになっていますから、安心して食事に取り入れてみて下さい。

現代の食事はミネラル分なども不足しがちですから、良い塩を使って作られているかまぼこであればミネラル補給も期待できるのが嬉しいポイントです。
それでもやはり塩分が気になるというのであれば、普段の食事全体を見直してみましょう。
どの食材を使って、どんな料理をしているのかという事でも日々の塩の量は違ってきているはずです。

鮮度の良い魚のすり身を使っているかまぼこであれば、あまり塩のことばかり気にしなくても大丈夫です。
下ごしらえが済んでいる魚というイメージで、どんどん食卓に活用してみて下さい。
  • お祝いセット

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top