• ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

カルシウムだけではない、かまぼこの効能


かまぼこは主に白身魚をすり身にし、それを製法としては蒸し、焼きなどした練り製品です。
その製法により栄養価も少し異なりますが、おおよそとして骨を丈夫にしたり、動脈硬化の予防、大病の元となる血栓の形成を抑制する効能があると言われています。

かまぼこに含まれる成分は、カルシウム、カリウム、ナトリウム、リン、マグネシウム、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA/IPA)などです。
カリウム、ナトリウムは細胞内外の物質交換や細胞の浸透圧、体液のph、体内外水分調節、神経の刺激伝達、心筋の弛緩を促したりと多くの作用を体にもたらします。

マグネシウムはミネラルの一つで、虚血性心疾患を予防する働きがあり、骨を構成する成分の重要なものでもあります。
リンも骨や歯を形成する成分の重要な一つなのです。
ドコサヘキサエン酸はアレルギー症状であるアトピー性皮膚炎を楽にしてくれたり、老人性痴呆症を快復へ導く作用があると言われ、ガン予防やコレステロールを低下させる効能もあると言われています。
エイコサペンタエン酸も同じく、それ以上に優れたコレステロール減少作用と血栓予防効果があるとされています。 これだけの効能が低カロリーで得ることが出来ます。

柔らかく癖もないさっぱりとしたかまぼこは、魚が苦手なお子さんやお年を召した方まで広く手軽に栄養を摂ることが出来る食材です。
低カロリー、効能が多い、千切るだけと手軽なかまぼこ、おやつやおつまみとしても大活躍します。
  • お祝いセット

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top