• ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

お祝いの日には蒲鉾を贈りましょう!

かまぼこはいまでこそ、私たちは日常的に購入し美味しくいただいてますが、
一昔前までは大変な高級品でありめったなことでは口にすることのできない特別な食材でした。
そんな高級食材が食卓に供される機会は、まさにおめでたいハレの日に限られていたのです。

ハレの日の代表はお正月。

お正月に作られた「おせち料理」はハレの日を祝う伝統料理であり、おせち料理を構成する食材に紅白のかまぼこは欠かせません。
そもそもおせち料理とは、祝いの日(節句)に神に供える料理のことで正しくは御節供(おせちく)料理といい、おせちはその略です。
また、祝いの日である節日とは元旦、端午(たんご)、七夕などの行事のある日のことで、古来この日には特別なご馳走を作り、神にお供えをしてきました。
 
では、かまぼこがおせち料理に使われるようになったのはいつの頃からなのでしょうか?
それは江戸時代末期の頃と言われています。
その頃からようやくかまぼこが商品として、庶民でもハレの日のお祝いであれば購入することができるようになってきたのでしょう。
さらに時代をさかのぼればかまぼこは平安時代の祝宴に供されたのが始まりであることから、祝い事に欠かせない食材となりました。
紅白というめでたい彩りがまた、ハレの日にぴったりだったのでしょうね。
 
今ではおせち料理以外にも結婚式、出産、合格祝い、快気祝いなど何かとおめでたい出来事に供され、またお祝いの気持ちを伝える贈り物として日本文化に根付いております。
ハレの日のお祝いに蒲鉾を贈り供することは日本の文化であり、頂いた方が贈り主のお気持ちを汲み取れる素晴らしい贈答品こそがかまぼこです。
 

美しい色合いと噛むほどに味わい深い蒲鉾は、贈る人の気遣いを伝えてくれる最高の贈答品でもあるのです。

お祝いの日の贈答品にかまぼこを

おめでたいお祝いのパーティーにも彩りを添えます。
 
  • お祝いセット

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top