ホワイトデー

冬のギフト

  • ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

全国のかまぼこの産地について

 
かまぼこには色々な種類があります。
特に地域に限定されて生産されている蒲鉾にはそれぞれの特徴があり、興味深いものがあります。
そんな全国の、ユニークな蒲鉾の産地とその特徴をご紹介しましょう。
 

「蒸板かまぼこ」

全国各地で生産されている代表的なかまぼこ。
東日本の蒸板かまぼこは、白くて光沢があり甘味のある淡白な味でしなやかな弾力が特徴です。
西日本の蒸板かまぼこは甘味にプラスして塩味のバランスが良く、魚の旨みを残す特徴があります。
また大きさも東日本が大ぶりで、西日本は東日本の半分ぐらいの大きさが特徴で小ぶりなかまぼこです。
 

「焼板かまぼこ」

主に関西地方で作られます。蒸した後表面にみりんなどを塗って焼き上げます。
表面全体に焼き色が付き、旨みと甘味がバランスよく楽しめます。
 

「焼抜かまぼこ」

京阪神地方の特産品です。成型したすり身を蒸さずにいたの浦から焼き通すことによってつくられます。
その中でも白焼きかまぼこは山口地方の特産品で、表面に焼き色を付けません。
原料のエソの旨みを最大限引き出すために砂糖は使用せず、塩だけで味を出します。
 

「なんば焼き」

和歌山地方の特産品。板無しの四角い焼き抜きかまぼこです。
中央についた丸い焼き色が特徴で、南蛮キビの実の色に似ていることからこの名が付きました。
 

「細工かまぼこ」

祝儀ものとして富士山、松竹梅、鯛などの形に作った色鮮やかな細工を施したかまぼこです。
中でも富山県が有名で、すり身を着色してから、切り出し、すり出し、絞り出し、へら細工、型細工などで成形した後、
蒸して仕上げます。
 

「伊達巻」

伊達政宗に由来するところから名づけられました。卵を使用するので卵黄物とも呼ばれます。
関東と関西ではその特徴が分かれ、関西では関東の倍のすり身を使い、砂糖は逆に半分しか使いません。
その為関西の方が甘くなく、焼き色も薄いのが特徴です。
 

「笹かまぼこ」

宮城県の特産かまぼこです。
すり身を笹の葉に成型した焼き抜きかまぼこで、表面はきつね色をしていて柔らかくて食べやすいかまぼこです。
 

「じゃこ天」

愛媛県宇和島の特産品。
薄い揚げかまぼこで、「皮てんぷら」とも呼ばれます。
新鮮なジャコの皮や骨もいっしょにいれてつくるため黒い色をしています。

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top