• ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

暑い夏に冷やしたおでんも美味しい


おでんと言えば、冬の寒い時期の定番料理というイメージが強いですよね。
しかし、夏の暑い時期に食べる冷やしたおでんもおつなもの。
実際、北海道では夏場にみそおでんを食べる習慣があります。
ぐつぐつ煮込んで味のしみたおでんをいったん冷やしてから食べると、これがビールとの相性も最高。
おかずとしては勿論、お酒のおつまみとして立派な一品です。

煮物料理は煮てすぐに食べても、本来の味は出ません。
煮ている間は、出汁に味がしみ出ていくばかりだからです。
そこで本来の味を出すためには、煮たものをしばらくそのままにしておいて、外に出た旨味をじわじわとおでんにしみ込ませるのです。
おでんが作りたてより翌日の方が美味しいのもそのためです。
前の日に鍋一杯に作っておいて、翌日、冷たくしたものを夏の食卓に並べてみて下さい。
味のしみた冷たいおでんが、夏の暑さと相まって、夏ならではのご馳走になることは言うまでもありません。

暑いときには冷たいものを、寒いときには熱いものを。
これは食の基本ですが、この点からも冷たくしたおでんは夏の暑い時期に大変向いているのです。 冬の寒いときにアツアツのおでんを頬張るのもいいですが、夏の暑い時期に冷たく冷やしたおでんを食べるのも冬とはまた違った味わいを楽しめます。

夏におでん。

かまぼこの栄養が摂れて、冷たく冷やせばビールにもおかずにも合う。 今年の夏にぜひ、食卓に出してみたらいかがでしょうか。
お子様にも、お父さんにも喜ばれること間違いなしのメニューです。
  • お祝いセット

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top