ホワイトデー

冬のギフト

  • ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

焼津のなると巻、黒はんぺん

なると巻

焼津市は、なると巻の国内生産の約9割を占める大生産地です。
なると巻はもともと瀬戸内海の白身魚を原料に造られ、その赤い色を加えたところが渦潮に似ていることから
「なると巻」と言われるようになりました。
なると巻の生まれは徳島で、育ったのが焼津ということが言えるでしょう。

焼津でなると巻が製造され始めたのは、大正末期とされています。
最初は蕎麦の具として使われ、その後、昭和に時代に入ってラーメンが普及するいつれ欠かせない具材として広まっていきました。

原料はすり身とでん粉です。
静岡にはでん粉を作る企業が多く、なると巻を作る上で、地理的なな条件が整っていたと言えるでしょう。

黒はんぺん

黒はんぺんは、駿河湾で水揚げされる新鮮なサバ、イワシの頭と内臓を除き、骨も一緒に丸ごとすり身にし、
三日月型に成型して茹でた「茹ではんぺん」です。
生で食べるも良し、表面を軽く炙って食べるも良し。

タンパク質やカルシウム、ビタミンAやビタミンD、オメガ3脂肪酸のDHAやEPAも豊富に含まれる栄養満点のかまぼこです。
 

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top