ホワイトデー

冬のギフト

  • ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

大阪、兵庫の焼きかまぼこ


大阪のかまぼこメーカーでは、古くからお焼きかまぼこづくりを現在まで継承しています。
大正時代に当時はあまり価値のない魚だったグチがトロール漁業で大量に入ってきました。
このグチを原料として今までに相優れたかまぼこ製品を作り出すことに成功したのが、大阪の蒲鉾メーカーだったのです。

大阪、兵庫医は「梅焼き」や「白天ぷら」があります。
梅焼きは、たまごの黄身をすり身に加え、梅の形の焼き器に入れて焼き上げるものです。
また、白天ぷらは、すり身をてんぷら油で揚げたものを言います。
揚げるときのコツは温度を上げすぎると色がついてしまうので、揚げる温度が高くならないように調節することだそうです。

また、ハモだけをすり身にして、塩水に浮かしお椀の中に入れて蒸したものを、「はんぺん」ではなく「あんぺい」と言います。
白くてフワフワの食感は東京の「はんぺん」に似ているのですが、製造方法もはんぺんとは違い山芋を入れないで作られます。

地域地域でそれぞれ特徴のあるかまぼこがありますが、その違いには歴史的背景があるということを知ると益々興味が高まりますね。
 

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top