• ギフト
  • お手軽セット
  • 創作かまぼこ
  • 笹かま
  • スティック
  • 燻しかま
  • シーフード揚げ
  • CART

お中元におめでたい食材、かまぼこを贈りましょう

お中元のいわれとは?

もとをただせば、中元とは季節の節目としての「三元」の一つです。
1月15日を上元、10月15日を下元と言い、中間である7月15日が中元です。

一般的には、盂蘭盆(うらぼん)を行った7月15日のことをお中元と言っています。

もうお分かりですね。
古来よりこの時期の季節を中元と称したことから、7月初旬から14、15日頃までにする、
日頃お世話になっている方々へ感謝のお気持ちを込めて贈る贈答のことを「お中元」と言うようになったのです。
一年のうち、前半の部分、上半期のありがとうを贈る(伝える)のがお中元です。
 

お中元の時期はいつ頃でしょうか?

上述したように7月初旬から15日くらいまでに贈るのが、関東圏では一般的なお中元の時期です。
但し、最近は良い意味で届く日を分散させる気遣いから、6月から送り始める人も増えています。
 

地方別のお中元の時期

関東は7月15日までがお中元の時期となる典型的な地域です。
しかし、関西など西日本に贈る場合は、15日過ぎても「お中元」でOKです。
関東は6月から7月15日まで、関西は終わりは8月ごろまでOKです。
北海道も7月末から8月のお盆までがメインです。
三重や名古屋の中部地方も旧暦のお盆までが時期だそうです。
九州、東北も旧暦のお盆までが基本なので、むしろ新暦のお盆までをお中元の時期とする関東だけが異例と言えるかもしれません。
 

お中元には蒲鉾を贈りましょう!

是非、お中元には古くからお祝いの席で供されてきた、日本を代表するおめでたい食材「かまぼこ」を贈りましょう。
贈った方の気持ちが伝わるギフトとして、お中元の贈答には「かまぼこ」がオススメです。
  • お祝いセット
  • 母の日

最短 当日 出荷!!

譲れない職人のこだわり
  • 登録
  • 解除
  • 厳選お試しセット
  • ギフト特集
  • 鍋物特集
  • 晩酌特集
Top